ベンチプレス120kg挙げた私が参考にしている本・サイト【筋トレ】

たくさんある筋トレの書籍やサイトの中で、私が参考にしているものをご紹介します。

トレーニングを始めて3年でベンチプレス120kg(体重65kg)を挙げられたのも、以下で知識をつけられたことが大きな要因となっています。

厳選したどれも超オススメなものばかりなので、是非ご覧になってください。

私が筋トレで参考にしている本【3つ】

山本義徳 業績集

ダルビッシュ選手や有名フィジーク選手のトレーナーを務めている山本義徳さんがkindleで出版されている本です。

山本さんのノウハウが凝縮された書籍で、現在11巻まで出ていますがどれも必読です。海外の学術論文を交えて詳しく解説されているので信頼性も高いですね。

効率的な減量法から、アミノ酸やビタミン・ミネラル、トレーニングテクニックまで載っています。私が現在行っているトレーニングは山本さんの業績集「10・11巻」の中から参考にしたものが中心となっています。

こちらの本は現在全て【無料体験あり】Kindle Unlimitedの公式サイトはこちらで読むことが出来るので、トレーニングされている方やダイエットに興味のある方でまだ読んだ事がない人は是非オススメします。


炭水化物のすべて: 山本義徳 業績集1

スーツに効く筋トレ

有名トレーニーのTestosteroneさんが書いた書籍です。

モチベーションアップから始まり減量法、食事バランス、トレーニングフォームについても載っています。

新書サイズで170ページほどしかありませんが、エッセンスの詰まった書籍でトレーニングを始めて間もない方などには最高の本だと思います。

スーツに効く筋トレ

太い腕と厚い胸板をつくる至高の筋トレ

ボディビルダーの岡田隆さんの書籍です。

この本は胸トレや腕トレのオススメ種目からオススメのトレーニングルーティーンが詳しく紹介されています。

ジムでのトレーニング、自宅でのトレーニングと別れているので自宅のみでトレーニングをする方にも参考になると思います。私はかなり参考にしています。

私が筋トレをする際に閲覧しているサイト【2つ】

RM換算表

手前味噌ですが私の作成したRM換算表です。

自身のトレーニングレベルを参考にする際に使用しています。

ひと目で使用重量が確認出来るのでとても便利です。

>>RM換算表

Strength Standards(筋力レベルチェッカー)

Strength Standards

全身の代表的な種目のレベルを知ることが出来るサイトとなっています。

「体重、年齢、性別」を入力すると、それぞれの種目やレベルに応じた1回のMAX重量を知ることが出来ます。

ほとんどの方が使用するレベルは以下の通りでしょう。

Novice(初級)トレーニングを始めて数ヶ月の方

Intermediate(中級)1年以上トレーニングをしている方

Proficient(中〜上級)2年以上トレーニングをしている方

Advanced(上級)何年もトレーニングをしている方。平均的なジムでは最も強いレベル。

Exceptional(超上級)ほとんどのトレーニーにとっての上限値(パフォーマンス向上薬を使わない限り)

一覧になっているのでどの部位が弱点か、ひと目で知る事が出来ますね。自分では鏡で見てもどこが弱いなんてなかなかわからないです。

私はこのサイトを知ってから肩が弱い事に気づき、3ヶ月集中的にトレーニングをして他の部位に追いつく事が出来ました。

RM換算表と、Strength Standardsの2つサイトがあれば効率的にトレーニングが出来るのでオススメですよ。

上記で紹介した中で読んだことのない本 、見たことのないサイトがあれば是非利用してみてはいかがでしょうか。

トレーニング動画を実際に動画でチェックするとより良いですね。
動画だと短時間で多くの情報量を得られ、モチベーションアップにも効果大です!!
youtubeオススメの筋トレYouTuber3選【フォーム習得に最適】