ヨーロッパ10日間で3ヶ国周遊!【7日目はバルセロナからパリへ】

ルーブル

ヨーロッパ10日間で3ヶ国周遊!【4・5・6日目はバルセロナ】からの続きです。

ヨーロッパ10日間で3ヶ国周遊!【7日目はバルセロナからパリへ】

ブエリング航空でパリへ

この日はパリへの移動があるので朝食後ホテルを出てエアロバスで空港へ。やっぱりこのバス便利ですね。渋滞に巻き込まれる可能性もあるので少し早めに乗りました。
エルプラット空港には出発1時間半ほど前に到着。

この日の航空会社はブエリング航空。初めての搭乗なのでわくわくしました。

ブエリング航空の様な格安航空会社は頻繁に遅れることがあると聞いたことがありますが、今回含めて6回搭乗した感想は「普通の航空会社と特に変わらない」ですね。

強いて言えばドリンクが有料な事、手荷物が1つまでなどありますがそれを含めてもとても快適だと思います。

オルリー空港到着後の入国審査はありませんでした。まるで日本国内を移動しているかのようで快適ですね。
空港の待合室にはPS4が置いてありました。羽田にもこんなサービスあったらいいのに笑

パリの宿泊ホテル「クラウンプラザ Paris – Republique」へ。

レピュブリック広場の目の前、駅徒歩1分以内の場所にある立地のいい場所でした。

IHGプラチナで2ランクアップグレード

IHGプラチナ会員の効果があったようで、予約していたスタンダードルームのお部屋からクイーンベッド付クラブルームへと2ランクアップグレードして戴けました。

お部屋はこのような感じでした。窓からは中庭を見ることができます。

  

チェックイン時にクラブラウンジ付与の説明があったのですが、ラウンジ券はつけるけれどもラウンジは今はないよとのこと。
私の英語力が乏しいので???状態だったのですが、どうやらラウンジ券を持っていくと
①朝食が無料になる
②夜にバーエリアでフリードリンクサービス
の2点の特典が付くようです。
クラウンプラザ Paris – Republiqueを予約する

広さもそこそこ、シャワールームに少し年季を感じましたが快適に過ごすことが出来ました。1つあるとすればドライヤーが部屋に置いてなく、コンシェルジュに持ってきてもらったことぐらいですかね。
シャワー浴びた後にドライヤーがないと気づいた時は少し驚きましたが笑

ジャック・ジュナンとポワラーヌへ

ホテルに荷物を置いて少し街を散策。
ジャックジュナンでミルフィーユをイートイン。生地がサックサク。とてもおいしい。美人の女性店員さんが流暢な日本語で応対してくれました。

ポワラーヌで「P」の刻印がされた大きな田舎パンとクッキーを買いました。田舎パンは丸ごとだと2kgほどあるそうで、そんなに食べられないのでスライスで5枚ほど。
ポワラーヌの店員さんは優しくてもの凄く感じが良かったです。
パリでの旅はホテル、飲食店と会った店員さんはみんなとても感じがいい。過去にニースに旅行した際にも感じましたがフランスは丁寧な対応をしてくれる方が多い印象です。

スーパーのMONOPRIXでエシレバターを買ってホテルへ戻ります。
エシレバターを塗ったポワラーヌのパンはかなり美味しかったです!夜中も「パンをちぎってバターを塗って食べる」を繰り返していたらこれは永遠に食べ続けられるのでは?と感じるほど飽きもこない味でした。

パンは少し酸味があるのですがそれもまた良かったですね。クッキーももちろん美味しかったですよ。

※エシレバターと田舎パン(2kg)を買うと東京だと9,000円ほどするそうですが、パリだと1,400円ぐらいで購入することが出来ます。そう考えるとより一層美味しく食べられますかね笑

ルーブル美術館へ

夕方頃からルーブル美術館へ。水曜日と金曜日は22時まで開館(他の日は18時まで)しています。水曜金曜の遅い時間帯はすいているとの情報からこの日に訪問しました。

おかげで中はとても広かったですがさっと回れました。多くの人のお目当てであろう「モナ・リザ」もすぐに最前列で見ることが出来ました。

個人的には「サモトラケのニケ」がとても迫力があり印象に強く残りましたね

目星をつけた作品だけ見ようと思いましたが知っている絵画がたくさんあって何度も足を止めて見ていました。この日もとても楽しく満足できました。

>>ヨーロッパ10日間で3ヶ国周遊!【8・9・10日目〜パリ・東京】へと続きます。