虫歯の出来るメカニズム 脱灰と再石灰化

歯

虫歯の出来るメカニズム 脱灰と再石灰化について

 

歯の表面に歯垢(細菌)がつくと虫歯ができやすくなります。
これは主にミュータンス菌などの細菌が食べ物に含まれている糖をエサにして酸を生み出し、酸が歯のエナメル質を溶かすことによって起こります。これが脱灰です。

これに対して唾液は酸を中和させる効果があります。唾液によって脱灰したエナメル質を修復することを再石灰化いいます。
つまり脱灰と再石灰化のバランスによって虫歯が出来る、治るといった事が起こります。

このように唾液が虫歯に対する特効薬となっていますので、いかに唾液を出すのかは重要となってきます。
加齢に伴い唾液の量が少なくなっていくのは仕方のないことなので、鼻呼吸をする、食後に砂糖の含まれていないガムを食べるなどして唾液の量を増やす事を心掛けると虫歯になりにくくなりますね。

食事をすると口腔内は酸性に傾き、元に戻るためには30分ほどかかります。
この30分間は特に脱灰が進みやすい時間帯となります。
食事回数や間食を多くすると虫歯ができやすいと言われているのはこれが原因ですね。
食事回数を増やすということは脱灰が進みやすい時間帯を増やすということになるからです。
就寝前30分以内に食事を摂ってしまうと、口腔内のPHがもとに戻る前に寝てしまうことになるのでより虫歯はできやすくなってしまいますね。
食事回数を減らすことと、就寝前30分以内の食事を避ける事を心がけてください。

虫歯のステージと処置について

虫歯のステージ
・C0・・・歯が白く濁っている状態。
・C1・・・歯の表面がうっすら黒くなっている状態。
・C2・・・歯の表面が黒くなっている状態。このあたりになると冷たいものがしみるようになります。
・C3・・・歯が黒くなっている状態。神経まで進行し痛みがひどくなってきます。
・C4・・・歯が崩壊し、穴が空いている状態。または歯根のみが残っている状態。

歯医者さんに行った際に「この歯は黒くなりかけているけれども様子見ですね」などと言われたことはあるかと思いますが、この場合はC0またはC1の事が多いです。
C1までの場合は再石灰化をして元の状態に戻すことも出来ます。これがC2まで進行してしまうと元に戻すことが難しくなるために削って埋める処置をすることになります。

歯医者さんで定期的に清掃を行ってもらうことで、C2まで進行することを防ぐ確率が高まるので3ヶ月に1回程度の定期的な清掃をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください