マシントレーニングのメリットとデメリット【筋トレ】

マシントレーニング

マシントレーニングとはその名の通りマシンを使用したトレーニングとなります。
一般的なジムだと多くのエリアがマシントレーニングエリアとなっていますね。

代表的なマシンは胸だとチェストプレスマシン、背中だとラットプルダウン、脚だとレッグプレスマシンなどがあります。
主に健康増進が目的の人や気軽にトレーニングしたい人にオススメです。

マシントレーニングのメリット

使い方がわかりやすく、安全性も高い

マシンは簡単に使えるようになっているため、1回トレーナーにやり方を教わればほとんどのトレーニングは出来るようになります。

またフリーウェイトだったら重りを落としてしまったら怪我をしてしまう恐れもありますが、マシンの場合は落としてもマシン自体が重りを支えてくれるので
大きな怪我をしてしまうリスクは少なくなります。

重さを変えるのがラク

重量を変更する際もピンを抜き差しするだけなので簡単です。
セットごとに重量を下げて追い込む時には心理的負担が少なくていいですね。

マシントレーニングのエリアに気軽に入れる

フリーウェイトコーナーは異様な雰囲気もあって入りづらいですよね。
その点マシンエリアは老若男女いろんな方がトレーニングされているので初めての人でも入りやすいと思います。

怪我をしている場合にも行える部位がある

例えば肩や背中などを怪我している時に脚のトレーニングをしたいと思っていても負担のかかるバーベルスクワットはやりたくないですよね。
その点レッグプレスマシンやレッグエクステンション、レッグカールマシンなどの場合は負担をかけずに脚だけのトレーニングをすることができます。

マシントレーニングのデメリット

自分の体に合わないものもある

マシンは海外製の輸入品が多いため、海外男性の体に合ったものが多いです。
背が高すぎる人や低すぎる人などは自分の体に合わないこともあります。
その点フリーウェイトと比較すると効率的なトレーニングが出来なくなってしまうこともあります。

ジムに通い続けなければいけない

フリーウェイトの場合はフォームを習得すれば家にダンベルなどを買ってトレーニングすることが出来ますが、
マシンの場合はとても大きいのでなかなか家に置いておくことはできませんよね。
通い続ける費用も発生するので気になる人にはデメリットとなります。

ネガティブ時(重りを下ろす時)の負荷が小さくなる

マシンでトレーニングする時には重りを上げ下げするときにプーリー(滑車)の部分で摩擦が生じてしまいます。この影響によりポジティブ時(上げる時)に重く、ネガティブ時(下ろす時)に軽くなります。このネガティブ時の負荷が小さくなる分だけ、刺激が減ってしまうため多少効率が落ちてしまいます。

慣れてきたらマシントレーニングよりも効果的なフリーウエイトトレーニングを行ってみるのもいいかと思います。

フリーウエイトフリーウエイトトレーニングのメリットとデメリット【筋トレ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください