セルロイドの眼鏡をオーダーメイドで作ったら最高だった

眼鏡のオーダーメイドって高いんでしょ?って思いますよね。

私が購入した東京都江戸川区にある眼鏡ノ奥山さんでは価格もお手頃でレンズ込みで約25,000円でした。
これなら一般的な眼鏡量販店と大差ない価格ですよね。

眼鏡が似合うかどうかってサイズがとっても重要なんですよ。
この記事ではオーダーメイドの眼鏡を注文してから受け取るまでの流れ、着用した感想などを書いています。

とても人気のあるお店で、全国から注文の依頼が届いているそうです。

セルロイドのメガネをオーダーメイドで作ったら最高だった

メガネが似合う・似合わないを決めるのはサイズが大事

眼鏡が似合うかどうかを選ぶ一番のポイントはサイズ感だと知っていましたか?
私はオーダーメイドの眼鏡を作るまで知りませんでした。

みなさんが眼鏡を選ぶ時は、デザインの気に入った眼鏡の中からそれなりにサイズの合っているものを選んでしまう方が多いかと思います。

それでは適正なサイズのメガネを付けているとは言えず、
テンプル(つるの部分)が長いと目とレンズの距離が離れてしまい目が小さく見えてしまいますし、かといって近すぎるとまつ毛がレンズについて不快です。

横幅も顔より広いと眼鏡が大きく見えてしまうので不格好ですよね。狭い場合はもちろんきつくて掛け心地が良くないです。

サイズがぴったり合った眼鏡は小顔に見えますし掛け心地も抜群なのでオススメですよ。

セルロイドとは?

セルロイドとは象牙の代用品として発明されたもので、見た目も触った感じも高級感のある素材です。

高級感のある見た目や、綺麗な柄を再現できるメリットがある反面、可燃性が高く燃えやすいというデメリットもあります。
燃えやすいといっても170度を超えると自然発火をするということなので眼鏡がその温度に達することはないですよね。

オーダーメイドの眼鏡 注文から受取まで

オーダーメイドの眼鏡 注文の流れ

1,デザインを選ぶ

33種類の展示されている眼鏡の中から自分の好きな形のものを選んでいきます。
綺麗なメガネケースの中にハンドメイドの眼鏡がずらっと並んでいてこれだけで壮観です。
ちなみに展示されているメガネの中から、「ここをもっとこの形にしてほしい」と伝えると可能な範囲で変えてもらうこともできます。

ちなみに職人さんはとても丁寧で人当たりの良い方でしたよ。

どれを見ても魅力的な眼鏡ばかりなので1時間ぐらい悩んでしまいました。

2,色を選ぶ

最大で42種類ある色の中からフロント、テンプルそれぞれ違う色を選ぶことができます。
色だけでも42×42=1764通りもあるので迷ってしまいますよね。
デザインもいれたらなんと約6万通り!

私はフロント、テンプルともにマットブラック(つや消し)を選びました。
なかなかこの色って売ってないんですよね。一目惚れで決定。
ブラックのセルロイドを職人さんが丁寧に磨いてつや消しにしていくと伺いました。手が込んでます。

3,レンズを選ぶ

ノーマルレンズからブルーライトカット、サングラスレンズなどから選ぶことができます。
私は普段使いが目的だったのでノーマルレンズを選択しました。

4,サイズをはかる

顔の横幅、コメカミの間の長さ、テンプルの長さなどを測ってもらいます。
測ってもらってる間は顔を動かさないように必死。

5,注文、配送または店舗受け取り

注文後は、出来上がりまでおよそ50日程度かかります。
この50日が長く感じるー。
子供の頃のように、あと何日♫と数えていました笑

職人さんの工房が店舗内にあるので見せていただいたのですが、ものすごく手間がかかってるなと感じました。

1日に何本ぐらい作るのですかと聞くと、1本から2本とのこと!
それだけ手間をかけているのにこのお値段は大丈夫なのだろうかと少しだけ不安になります(余計なお世話)

店舗受取りの場合は受け取りの際、最後の調整をしてもらえるので行けるのであれば直接受取の方がオススメかと。

ついに商品の受取!

待ちに待った受取の日がやってきました。

電車に揺られ、東西線の西葛西駅に到着。
駅からお店に向かう足がだんだんと早くなっていくのを感じます。

お店に入り、職人さんに挨拶した後、ついに出来上がった眼鏡とご対面。
かっこいい!これが自分の顔に合ったメガネかー。としばし眺めていました。

「かけてみてください」と言われ、テンプルに被せられていたカバーを外して装着。
とてもしっくり来ました。
重さも一般的なメガネより少し重いのですが、サイズなのかバランスのおかげなのかかけてみるととても軽く感じます。

職人さんにお礼を言い、新しいメガネをかけてお店を後にしました。

友人や家族など周囲からの評判も上々。本当に満足のいく買い物となりました。

購入から2年後、レンズをサングラスに変更

私は2018年の春にフェイキックIOL(ICL)の手術を受けたため、せっかくのオーダーメイド眼鏡を使う機会がなくなってしまいました。

とても気に入っていましたが、まあ諦めるしかないかなと思っていました。
ある日眼鏡ノ奥山さんのサイトを見ていると「サングラス」の文字が。

すぐに店舗に向かってサングラス用のレンズに交換してもらいました。
費用はレンズ代と交換合わせて約6000円

数日後オーダーメイドサングラスが自宅に到着。
レイバンのサングラスも持っていますがやっぱりオーダーメイドの方がずっといいです。
以来ずっと眼鏡ノ奥山さんで作ったサングラスを使用しています。

以上、「オーダーメイドで作ったセルロイド眼鏡が最高だった」でした。

みなさんも一本自分サイズの眼鏡を作ってみてはいかがでしょうか?