ヨーロッパ10日間で3ヶ国周遊!【1日目〜ロンドン】

2月の上旬に10日ほど休みを取ってヨーロッパを周遊してきました。

訪問した都市はロンドン、バルセロナ、パリの3都市です。

ちなみにロンドンとバルセロナの2都市は4年ぶり2回目の訪問となります。

今回の旅行でかかった費用は?

旅行の総費用は168,000円ほどでした。

まず始めにかかった費用から紹介したいと思います。
総費用は168,000円。移動も多く美味しいレストランで食べていた割には安かったと思います。

飛行機代

合計で50,000円です。

ANA往復が燃油代、諸税の38,000円(航空券代はマイルを使用しているので0円です)羽田からロンドンへの往路、パリから羽田への復路はANAの直行便で行きました。

ロンドン→バルセロナが5000円。ロンドンからバルセロナ間はイギリスの航空会社「British Airways」(ブリティッシュ・エアウェイズ)を利用。

バルセロナ→パリが7000円です。バルセロナからパリの間はスペインの格安航空会社「Vueling Airlines」(ブエリングエアー)を利用。

いやー海外の航空券は本当に安いですよね。ヨーロッパに住んでいる人が羨ましいです。
ロンドン→バルセロナに至っては5000円のうち、航空券代が1300円で諸税が3700円ですからね。1300円て安すぎですよね!!

ホテル代

8泊で61,000円(ロンドン2泊、バルセロナ4泊、パリ2泊です)

現地で使用したお金

57,000円(内、現金で使用したのは12,000円残りはクレジットカードです)

ヨーロッパ10日間で3ヶ国周遊!ロンドン到着まで

出発からチェックインまで

ロンドンへは午前11時台出発のフライトだったのですが朝4時頃まで仕事をしており、「今寝たら最悪乗り過ごしてしまうな・・・」と思ったので、急いで支度をして7時半に羽田空港に到着。

荷物は35Lのリュック1つのみ。このリュックも7割程度しか荷物を詰めていません。総重量は3.3kgほどでした。

預け入れ荷物がないのでANAの長蛇の列のカウンターを横目にANAラウンジへとさっさと向かいました。

バックパックで旅行をしたことがない人は是非1回やってみることをオススメしますよ。

私が今回持って行ったものはリュックひとつで海外旅行!私が持っていくもの20選【国内でもOK】にまとめましたのでご覧ください。

バックパック旅行のメリット

1,カウンターに並ぶ必要がない

オンラインチェックインは事前にしておきましょう。

2,手荷物受取で待つ必要がない

最近は機内持ち込みが出来るタイプのスーツケースを持っている人も増えましたね。

3,移動が楽

ヨーロッパなどは石畳の道路が多いのでスーツケースを移動させるのも大変ですよね。

スーツケースで行く場合はuberでホテルまで移動すればだいぶ楽ですね。バックパックだと両手もあいていますし簡単に荷物を取り出せるので便利です。

ただしバッグを後ろにせおっていると盗まれるリスクが高まりますので、私はパスポートなどの貴重品はサブバッグ(ボディバッグ)に入れて体の前に置いています。

デメリットとしては、長い時間せおっているのは体力的にきついことですかね。

長い時間せおうのが大変なら荷物を極力減らせばかなりラクになりますよ。

2017年にSFC修行(飛行機にたくさん乗ってANAの上級会員になる修行のことです)を行ったので今回のチケットは往復ともにエコノミークラスでしたが、ANAラウンジへと入室が出来ます。

フライトの前にシャワーを浴びるのが好きなので、今回も受付で鍵を借りてシャワールームへ。

いつものようにとても綺麗で最高なANAラウンジのシャワールームなのですが、今回はDysonのヘアードライヤーが置いてありました。
これ去年はなかったような気がします(去年9月にラウンジに行った際の写真を見たら違うドライヤーでした)

使用してみたところ、ものすごい風量!!一瞬で乾いてしまいました。
しかも髪がサラサラに。今使っている3000円のドライヤーから買い換えようかな。

※写真左側の青いドライヤーです。

シャワーを浴びた後はラウンジ内でビールと軽く食事を摂り、スマートフォンに入れた「タブホ」で3都市のるるぶを読んで時間を過ごしました。

行きの飛行機では雑誌を読んだり映画を見たり

今回は雑誌読み放題アプリの「タブホ」をるるぶにインストールして、旅行雑誌を事前にダウンロードしていきました。

現地でsimは挿しているのですが、電波が入らない場所でもオフラインで読めるように利用しました。オフラインでも読めるとアプリには書いてありましたが電波が届いている場所ではアプリが開かなく、機内モードにしないと読めなかったので少し不満は残りました。

「kindle unlimited」は過去2回海外で利用しましたがストレスなく利用することが出来たので次からはこちらに戻そうと思っています。

機内に乗り込み、劇場でまだ見ていなかった「ボヘミアン・ラプソディ」を見ました。前評判の通り面白い映画でしたがフレディってこんな顔でしたっけ?
ラストシーンに近づくに連れてだんだんとイメージ通りのフレディへと変わっていくのですね。(世代ではないので晩年の映像しか見たことがないのも理由なのかも)

流氷が見えた!!

鑑賞後はぐっすり睡眠。起きて窓の外を見たらこんな景色!写真では伝わりづらいですがとても綺麗でした。これは流氷なのですかね。場所はロシア北部を西側に抜けてフィンランドに入る前だったと思います。もはや観光地を回るよりこっちの方が楽しいような。

ヨーロッパ10日間で3ヶ国周遊!ロンドン到着後

入国審査を済ませホテルへ向かう

そうこうしている内にヒースロー空港に到着。早めの到着でラッキー♪と思っていたのも束の間、入国審査で1時間半も待たされることに。
4年前に行った際もヒースロー空港の入国審査には時間がかかったので行かれる方は長めに見積もった方がいいかと思います。

空港でオイスターカード(日本でいうところのsuica)を購入して列車でホテルへと向かいます。
昨年ANAのプラチナ会員だった時にIHGのプラチナ会員のインビテーションのオファーを戴いたので、今回はIHG系列のホテルに泊まることにしました。(バルセロナのみ利便性が良くなかったので別のホテル)

ロンドンでの宿泊はホリデイ・イン エクスプレス London – Southwark

IHGプラチナでルームアップグレード!

一番安いスタンダードルームを予約していましたが、IHGプラチナにより1ダブルベッドルームへ無料アップグレードされました。

1室2000円ほどしか変わりませんがありがたいです。フロントスタッフがにっこり笑いながら「nice room」と言って鍵を渡してくれましたが、その通り角部屋で景色のいい窓がとても大きく開放的な部屋だったので良かったです。
カーテンを開けると通りから丸見えなのですが「nice room」なのでよしとしましょう笑

※ちなみに、IHGの会員の方はIHGのサイトから予約をしないとアップグレードが適用されないので注意してください。
また、Mr.Rebates(ミスターリベーツ)topcashbackなどのポイントサイトを経由すると6〜10%程度キャッシュバックされるのでお得ですよ。
ちなみに私は今回TopCashbackを利用して8%の還元を受けました。(6〜10%前後と推移するようです)
Holiday Inn Express London – Southwarkを予約する

その際topcashback経由でIHGのサイトから予約をしてもtopcashbackのキャッシュバックは受けることが可能です。

夜遅かったのですが、少し外出しようと思いホテル近くの現代美術館として有名なテート・モダンへ。

個人的には絵画よりも建物の方が見ていて興味を惹かれます。火力発電所の建物を再利用した施設なのですね。
絵画を少しだけ鑑賞して、屋上の展望台からロンドンの夜景を見てホテルに戻りました。

>>ヨーロッパ10日間で3ヶ国周遊!【2・3日目〜ロンドンからバルセロナへ】へと続きます。